環境防災解析

基岩分布の推定例イメージ

環境と防災をテーマとして解析によるソリューションを提供します。

  • 河川防災

    気候変動に伴う集中豪雨が増え、全国各地で局部的な大雨による浸水の危険性が増大しています。河川の氾濫による被害を最小化するためには、氾濫の危険性を精度よく予測することが大切となります。自治体や住民等に情報提供するために浸水想定区域図、洪水ハザードマップ、タイムライン(事前防災行動計画)等の検討を行います。

  • 地下水・土壌

    地下水は自然界の健全な水循環を構成しています。また、地下水の挙動に起因して地盤や土構造物が不安定化する現象も存在します。このため、環境と防災の観点から地下水挙動の予測を行い、必要な対策を提示します。また、顕在化している地下水や土壌の汚染について、その機構を解析し汚染域の挙動を予測したうえで、必要に応じた対策の提案を行います。

  • 大気 気象・水文解析

    各種設計・工事事業において、現地の気象・水文特性を事前に把握することは重要です。周辺の気温・降水量データとGISを用いた解析により、現地の気象・水文特性を精度良く推定することで、より質の高い設計計画を支援します。

  • 市街地におけるビル風や臭気拡散の予測

    市街地では、建物の影響により風の流れが複雑になります。そこで、建物の位置や高さのデータを用いることで、市街地における大気中の物質の拡散予測を行います。これにより、臭気対策や毒性ガス流出時の避難誘導計画の立案など、あらゆる都市環境問題について効果的な対策の提案を目指します。

  • ヒートアイランド現象

    大都市では過去100年間に約3℃の気温上昇が生じ、これの原因は地球温暖化の影響もあるものの、ヒートアイランド現象の影響も大きいものとされています。ヒートアイランドには様々な対策がありますが、それらを組み合わせることによる相乗的効果も期待されます。そこで、解析により各対策工法の効果について定量的評価を行い、効率的な対策の提案を目指します。

主な業務実績

地層構造の推定例

地下水汚染の移流分散解析例

基岩分布の推定例

ボーリングデータの
三次元表示

ボーリングデータを用いた
地層の推定

任意断面の表示

TOP