環境への取り組み

今の時代、環境への配慮は、公共の土木・建設事業において欠かすことのできないものになりました。

緑地の保全、生態系・景観に配慮した計画、設計等ニーズの多様化や性能に対する要求が高まり、かつ、経済的な施工、リサイクル資材の適用等、あらゆる面での提案が技術者に求められています。

今何が求められているかを常に考え、提案し、顧客の要求に応えていくことが、「地球環境を守る」と考えます。

テイコクの技術者一人ひとりが、 毎日のオフィス活動において地球温暖化防止を意識しつつ、限りある資源の有効利用などに取り組み、業務を通して地球環境に対する責任を果たさなければならないと考えています。

ぎふエコ宣言

当社は、平成23年5月より岐阜県の「ぎふエコ宣言」に参加しています。地球温暖化防止に関する10の取組みのうち、身近にできる範囲から、実践しています。

「ぎふエコ宣言」10の取組み内容

◯エコドライブ宣言
◯マイカー使用自粛宣言
◯クールビズ・ウォームビズ宣言
◯マイはし使用宣言
◯エコ水宣言
◯マイバッグ使用宣言
◯省電力宣言
◯マイカップ使用宣言
◯ゴミなし宣言
◯マイボトル使用宣言

ぎふ省エネチャレンジ事業者コンテスト

平成21年度から岐阜市主催の「ぎふ省エネチャレンジ事業者コンテスト」に参加し、事業活動における省エネ活動に、社員が一丸となって取り組んでおります。

平成21年度は総合得点で3位入賞。省エネルギー活動(電気、紙、ごみの削減、及び地域貢献活動)の実績が評価され、総合得点で3位に入賞しました。

平成26年度は「特別賞」を受賞しました。

平成26年度の表彰授与の様子

委員長より表彰状授与
(平成26年度)

表彰状のイメージ

表彰状

平成21年度の表彰授与の様子

委員長より表彰状授与
(平成21年度)

地球におもいやりエコオフィス運動

当社は、平成20年5月20日より岐阜市の「地球におもいやりエコオフィス」運動に参加しています。

対応に支障のない建物等について、下記の通り環境に配慮した事業活動を推進します。

運動内容

◯夏の冷房温度を26度に設定し、省エネルギーに努めます。

◯冬の暖房温度を21度に設定し、省エネルギーに努めます。

◯暑さ寒さをしのぎやすい服装で勤務をします。

ペットボトルキャップ分別回収

ペットボトルキャップの素材は、ポリプロピレン(PP)のみの均一素材であり、ボトル本体と同様に分別回収を行えば、材料再生という形での資源化に適しています。

当社は、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」の「ペットボトルキャップ分別回収」運動に参加しています。これにより、再資源化の推進と、ワクチン支援を同時に行えます。

運動内容

JCVに協力する団体がペットボトルキャップを回収し、リサイクル業者への売却益を、JCVに寄付します。

JCVは、その募金をもとに発展途上国の子どもへのワクチン支援を行います。

TOP