3次元モデリング/CIMへの適用UAVレーザ
計測

uav写真

当社は、「UAV」マルチコプターによるレーザ計測システムを導入しました。

UAVにカメラ、レーザ測距装置を搭載し、今まで困難であった樹木下の詳細な地形データの取得が可能です。CIMへの適用や3次元モデルを活用した各種調査・検討など、多様な分野での活用が期待できます。

■地形測量の高度化・工期短縮


・樹木が生い茂った山間部の地上計測が可能
 ・樹木を除いた3次元モデルの作成

■災害調査の迅速化・リスク回避


・人が立ち入れない被災現場でも、安全にいち早く状況把握や測量が可能

■設計作業の省力化・高精度化


・任意の位置で高精度な断面図の作成が可能
 ・従来の平均断面法より高精度な土量計算が可能

■CIMへの適用


・3次元モデルによりCIMへの適用が可能 
 ・調査・設計・施工・維持管理を通じた建設生産システムの情報共有・効率化を支援

■景観検討の支援


・3次元モデルによる景観検討やイメージ作成が可能 
 ・住民説明会でのプレゼンテーション活用、円滑な合意形成への寄与

■防災・減災対策への活用


・防災点検への活用(斜面の落石状況、岩盤崩壊の変化など)
 ・土石流危険渓流の観測(砂防ダムの堆砂状況、渓床の浸食状況など)
 ・河川管理への活用(定期横断測量、植生管理など)

■環境保全対策への活用


・植生調査への活用(樹木の高さ・密度、植生の変遷など)
 ・森林管理への活用(森林横断図作成、間伐シミュレーションなど)

 

 

 

 

TOP