社員の声

安東 知紗 環境部 環境計画課 2015年入社
  • 入社を決めた理由

    私がテイコクを知ったのは就職活動を始めてからでした。

    生活を豊かにするために開発を行いたいという人間側の視点、生息地の保全のために開発を抑えたいという生物側の視点、その両方から物事を見ることができる人になりたいと思い、そのようなチャンスがありそうな企業を探して見つけたのがテイコクでした。

    テイコクは、環境調査だけでなく、開発の基礎調査を行う測量部門や実際に開発の計画を立案する設計部門など、事業の始まりから終わりまでを1社でまかなうことができる会社です。自分次第で大きく成長できる会社であると感じ、テイコクに入社を決めました。

  • 現在の主な仕事内容

    私は主に猛禽類(クマタカ、オオタカ等)の調査業務に携わっています。

    双眼鏡、フィールドスコープ、一眼レフカメラ等の機材を用いて猛禽類の生息状況を確認し、種名や飛翔の軌跡、繁殖行動等を記録します。現地調査時の記録からArcGISやAutoCADを用いて飛翔図を作成し、行動圏等の解析を行います。そして、この解析結果を用いて事業(工事)による影響の予測を行い、事業を進めていく上での配慮事項等を検討していきます。









1日のスケジュール

8:00 出社
8:30 始業、データ整理
10:00 表、飛翔図作成
12:00 昼食
13:00 調査結果報告書の作成
15:00 打合せ資料の作成
17:00 チェック、修正
17:30 終業
18:00 退社
  • これからの目標や
    チャレンジしたいこと

    生物分類技能検定等の資格の取得や様々な業務の経験で得た知識・技術から、自ら企画提案できる人材になっていきたいです。そのような人材になるための第一歩として、これまで数多くの業務をこなしてきた上司や先輩を見て、自分の仕事を先読みして行動できるようにしたいです。

    また、昨年の12月から月1回のペースで同期入社の社員による勉強会を行っており、自分の仕事内容をプレゼン形式で発表しています。他部署の同期に知ってもらうことと、自分の仕事について理解を深めることが狙いの1つです。これを継続して行い、他部署の仕事の流れや考え方について理解を深めていきたいです。

休日の過ごし方

鳥を見に出かけることが多いですが、天気が悪い時は、読書やお菓子作り、絵を描いています。

鳥の勉強で関東や九州など遠出をすることも多々あります。大学時代の同期にも時折会って近況を話し合っています。

TOP