社員の声

西出 早希 都市建築部 建築課 2016年所属
  • 現在の主な仕事内容

    建築課では、公共施設を中心に設計計画を検討する「基本設計」、工事用図面となる「実施計画」の他、工事が設計図通り行われているか確認する「監理」、業務と建物が建つまでの一連の流れの設計・監理を行っている部署です。最近では改修設計業務が多く、予算内でどの程度の改修を行うかという課題の中で、手法の選択によるコスト縮減の検討なども行います。

    私が担当したのは、主にCADを使った改修図面の作成や発生する材料および工事の数量を図面から拾う作業(積算)です。新たな施工工法がどんどん出てくるため、専門メーカーへのヒアリングを行うこともあります。業務の知識のひとつとして、専門の情報誌もよくチェックするようになりました。

  • テイコクで働く魅力

    社内で多種多様な業務に携われる可能性があることだと思います。私は入社当時、技術第1部(道路課)に配属され、2年間道路の業務に携わっていました。3年目で建築課に異動になり、現在は土木とは異なる建築分野の業務に携わっています。環境がガラリと変わり、勉強する内容も増えましたが、2年間道路で培った経験も大きく、建築物の設計だけではなく、建物が建つ前の土地開発の業務にも携われるようになりました。

    1つの分野で一人前になるにはもっと多くの経験が必要ではありますが、技術者として多方面の知識があることは大きな強みになると思います。このように、自身の技術力の向上を様々な角度から目指せるのはテイコクの魅力のひとつだと思っています。

1日のスケジュール

8:15 出社
8:30 始業、メール・スケジュールの確認
10:00 現場調査
12:00 昼食
15:00 調査報告書の作成
16:30 社内工程会議
17:30 終業
18:00 退社
  • これからの目標や
    チャレンジしたいこと

    業務の進捗の中で、自分の知識不足を実感する場面が多々あります。まずは業務に活かせるように自分のベースとなる部分の知識を蓄え、資格取得に向けて勉強をしていきたいと思います。

    さらに、これからの業務では、「提案力」が求められます。入社2年目の時、各部門を横断するような業務の可能性を見据えて、道路や交通、都市計画等の多岐にわたる提案が求められるまちづくりのコンペ(設計競技)に参加しました。コンペでは、提案力はもちろん、各専門分野の提案をとりまとめ、ひとつの形にすることが求められ、非常に良い経験となりました。今後は会社として、個人として、専門分野を活かした提案ができることを強みするために、日々の業務+αに積極的に取り組んでいきたいと思います。

休日の過ごし方

身体を動かすことが好きなので、地域のスポーツサークルや会社でのマラソンによく参加しています。また、入社してから、登山に初挑戦しました。学生時代より時間に余裕ができたことと、先輩方に色々教われることで、行動範囲が広がったのを実感しています。

TOP